ガンの温熱療法(ハイパーサーミア)1℃の差が生死を分ける

ガンの温熱療法(ハイパーサーミア)1℃の差が生死を分ける

 医療で言う温熱療法(ハイパーサーミア)とは、主にガンに対する治療法として行っているものを言います。
 一般に体の細胞は42℃以下では、何時間か加温してもほとんど死ぬことはありません。しかし43℃で加温すると、細胞はすぐに死んでしまいます。この1℃の差が生と死を分けます。
 ガン細胞は正常細胞に比べ未熟で血管が弱く、温熱を加えても血管は広がらず、血流も速くなりません。ですから、ガン組織に温熱を加えると熱は逃げられず、正常細胞は42℃以下でもがん細胞は43℃以上となり、ガン細胞は死滅します。
     
 この様に正常細胞を守る温度に保ち、ガン細胞だけを死滅する温度に上げる治療法をガンの温熱療法(ハイパーサーミア)と言います。またこの療法は、体を温めることによって、免疫力を高める効果も期待されて行われています。

ガン細胞と加温時間とガン細胞の生存率
加温の温度と時間によって癌細胞の生存率は大きく変化します。


正常組織とガンの腫瘍組織の血管構造
 正常血管は血管内皮膚の外側を筋層が取り巻き、弾力性に富み、器械的刺激、化学的刺激に耐性であり、神経支配を受けており、血管拡張や収縮によって、血流が統制されている。温熱治療時には血流は7倍に増加する。
 しかし、ガンの腫瘍組織では、ガン腫瘍細胞の分裂(増殖)が速く、新生血管の構築が追いつかず、ガンの血管は貧弱な内皮層のみで筋層が欠如し、蛇行した形状であるため、ガンの血管は器械的刺激や化学的刺激に対して損傷をうけやすい構造である。

↑ ページトップへ