腸内クリーニング

 決定的な便秘の解決方法は、腸内環境を正常に保ち続けることです。

 人間の腸内には、一〇〇兆個もの細菌が棲みついています。これらの腸内細菌は、ちょうど草木が生い茂った草むら(叢)のように見えるところから、腸内細菌叢と呼ばれています。

 その中には善玉菌、悪玉菌それから日和見菌などさまざまな菌がうごめいているのですが、それらの菌の中でも乳酸菌は、たいへん体によい影響をもたらす菌なのです。この善玉菌である乳酸菌を増やし腸内をクリーニングすることによって体は芯から健康になり若返るのです。

乳酸菌の効果

① からだを病原菌の感染から守る。
② 腸内の腐敗を抑える
③ ビタミンを作り出す
④ 腸の運動を促し便秘を防ぐ
⑤ 下痢の予防と治療
⑥ からだの免疫力を高める
⑦ 発ガン性物質を分解する

機能活性型乳酸で腸内の乳酸菌を増殖

 この働き者の乳酸菌を腸内で増やす事を助けるオリゴ等が最近脚光を浴びていますが、オリゴ糖の数倍以上の乳酸菌増殖効果を上げる事を実証されているのが、機能活性型乳酸(ラック)です。

 通常、液状の乳酸を粉末化しダンゴ状にしたものが機能活性型乳酸なのです。(世界特許申請中)乳酸を粉末化して取り入れることで、からだの中の乳酸菌(善玉菌)は、これを餌として増殖します。その結果、もたらされるのは先ず整腸効果です。

 そして、乳酸菌が増えることで、腸内環境がよくなり、腸管免疫も上がります。(マクロファージ活性化)その結果、整腸作用が促進され、変なものが入ってくるのを防ぎ、消化吸収が良くなり、便秘もなくなります。乳酸菌が増えると整腸作用があるというのであれば、乳酸菌を直接取り入れれば良いと思われますが、乳酸菌を口から取り入れると、殆どは胃酸でやられて死んでしまいます。腸まで到達するのはごくわずかです。  粉末状の機能活性型乳酸はその点で言えば、お腹の中に入ってから自分の体に見合った乳酸菌を増やすことに驚異的な効果を発揮するのです

。 健康長寿の秘訣

 健康を維持するには、善玉菌を活性化して腸内環境を正常に保つこととともに、①食物繊維を多くとるとり、②良質の水を飲む、③良く歩くなどを心がけ、万病の元である

↑ ページトップへ