現代人の健康を守る免疫力とは!

 私たちの身お回りには細菌やウイルス、空気の塵、花粉、食物など、多くの物質が満ちていまが、日常ではこのような物質がどのように私たちの体に影響を与えるか知らずに生活しています。しかし、病原性の細菌やウイルスなど生体に害を与えるものについては見過ごすことは出来ません。というのは、私たちの体の中に入り込み生体に障害を与え、ときには死に至らしめる事があるのです。これに対抗する手段として人間は免疫という生体防御機構を持っているのです。

 病原菌やウイルスは腸管や皮膚の傷口、そのほか粘膜などを通して体内に侵入します。病原菌に対して私たちの体は抗体をつくります。抗体とは外からの侵入者に対し、その働きを抑える作用をもったタンパク質です。また、ウイルスの場合は病原菌とは違いこれを破壊する細胞すなわちリンパ球が動員されます。このような体の働きを免疫と呼んでんでいます。

 通常は自然免疫系が働いていますが、これで防ぎきれなくなると獲得免疫が働きます。一般に私たちが免疫という言葉として認識しているのは獲得免疫のことで、これには抗体やリンパ球が大いに活躍します。

 つまり、病原菌などの抗体が侵入し自然免疫系で防げない場合、獲得免疫が働きはじめるのです。まず、獲得免疫系では抗原を抗原指示細胞が取り込み、抗原の情報をT細胞に与えます。これを受けたT細胞はさらにB細胞に情報を与え抗体をつくるように指令します。

 こうした細胞はもともと私たちの体の骨髄というところでつくられ、胸腺に移動したものはT細胞に、それ以外のものはB細胞や抗原指示細胞になります。

 しかしこのような免疫系の働きのうち特定の部分が異常をきたすと、アレルギー、自己免疫疾患、ガンなどを発症します。

↑ ページトップへ