3人に1人がガンで死ぬ時代に備えましょう!

 病気の中で一番恐れられているのは「がん」です。正直に言って、誰でも「ガンに罹りたくない」と思っています。しかし、その期待と反対にガンで亡くなる方が年々増え、二一世紀には年間三〇万人がガンで亡くなるといわれています。即ち、3人に1人がガンで亡くなる時代が来ようとしているのです。

 ガンの死亡率を高めたもっと大きな原因は、日本人の生活習慣の急激な変化を上げる事ができます。

 具体的に上げると、①食生活の欧米化や栄養の偏り②運動不足③精神的ストレスの増加④生活リズムの乱れ⑤食品添加物などの発ガン性物質の摂取⑥農薬や環境汚染物質、などが上げられます。これらの生活環境や生活習慣が原因となり、多くの現代人が「ガン体質」を知らず知らずの内に、自分の体内に作り出していると言えます。「ガン体質」を作り出す現代人のライフスタイルこそが問題となってきています。

 一方「ガンは遺伝する」という説もあります。

 「私の家系はガンの家系、何時か自分もガンになるのでは?」と心配する人がいませんか?しかし、最近の研究では遺伝のように思えるこうしたガン多発家系も、実は食べ物などの、生活的要因が大きく影響していると考えられるようになってきました。しかし遺伝子的な要素は全くガンに関係ないとは断言出来ません。異常を生じやすい染色体を親から引き継いだ人が実際に、その遺伝子に異常を起こさないかは、その人の食生活やライフスタイルによって違いが出てきます。

自宅でできる癌(細胞)温熱療法 遠赤外線サウナの予防と効果

↑ ページトップへ