癌は自然治癒力の力で予防したいですね

図書館で本を探していたらがんを克服した人たちの体験談がのっている本があったので借りて読んでみたら
末期がんから生還したとか体験談が書いてあった「いずみ会」というがん患者の会があるそうだ
心を前向きにするとか、玄米採食や冷え性なら半身浴や温泉で温めるとか一日1,2時間のウオーキングで運動するとか
やはり癌を克服するには努力が必要のようですね
やはり人間には自然治癒浴があるから免疫力が高くなれば時間はかかるけど癌を克服できるようですね
ネガティブな心をポジティブな心に切り替えれば自律神経がリラックスされて免疫力も上がるし
玄米採食にすれば体重も減って動脈硬化等も改善されて血流が良くなって免疫力も上がるし
ガンは熱に弱いとも言われているけれども体の体温を上がれば免疫力も上がるし
適度な運動をして筋肉が増えればミトコンドリアも増えて体温も上がる
全てが免疫力が上がる努力で自然治癒力が高まるのですね
それに最近は食物繊維も注目されていて食物繊維が腸内細菌の餌になって腸内細菌の代謝物質が免疫を上げるそうですよ
玄米と野菜を中心とした食事ならかなりの食物繊維を取ることになるからね
それに甘いものと肉は食べない方がいいみたいですよ
癌の予防にはこれですね
2人に1人は癌に罹る時代予防しないと!

カテゴリー: 日記 | 癌は自然治癒力の力で予防したいですね はコメントを受け付けていません。

癌のウイルス療法とは?

癌のウイルス療法とはがん細胞にウイルスを感染させてがん細胞だけをやっつけようとする治療方法です。ウイルス療法のきっかけとなったのは約100年前にイタリアで女性が子宮頸がんと診断された直後に犬にかまれ狂犬病ワクチンを接種してしばらくしたところ、子宮頸がんの腫瘍が消えたのがきっかけとなってウイルスが癌細胞に効いたのではないだろうかと考えれたようだ。
 最近では遺伝子操作で癌細胞にだけ感染するウイルスを作り出すことも可能となった。ウイルスは細菌とは違って細胞の外では増殖できないので細胞を乗っ取って増殖して増殖したのちには細胞を破壊して出てゆくので、癌細胞にだけ感染するウイルスができればこんな理想的な癌治療は無いですね。早くウイルス療法が確立されてほしいですね。

カテゴリー: その他 | 癌のウイルス療法とは? はコメントを受け付けていません。

がん細胞は免疫細胞のブレーキを踏む

最近、最近新しい免疫療法が開発されているそうですね

免疫チェックポイント阻害剤

免疫細胞には車のアクセルとブレーキのような働きがあて

従来の免疫療法ではアクセルを刺激して免疫細胞の働きを活性化する方法だったけど

今度の免疫療法はブレーキを阻害する働きだそうで

何でもがん細胞は免疫細胞のブレーキを踏んで免疫細胞の働きをコントロールしているらしいね

がん細胞はもともとは自分の細胞から出てきた身内だからね

免疫細胞のブレーキが踏まれないようにすれば

免疫細胞は走り続けてガン細胞がどんどん小さくなるって戦法だ

しかし、まだまだ課題も多いようで

全ての癌に効くわけでもないみたいだね

良くコントロールしないと副作用は自己免疫疾患のような症状が出てしまうそうだ

しかし、新しい画期的な療法に期待したいですね

ところで自己免疫疾患の膠原病とかリウマチとかも免疫のブレーキに関係があるのかな?

カテゴリー: 免疫 | がん細胞は免疫細胞のブレーキを踏む はコメントを受け付けていません。

深呼吸をしましょう!

 忙しかったり、急いでいたり、思い悩んでいたりすると、とかく呼吸は浅くなってしまいます。呼吸が浅くなってしまうと酸素不足になります。
 深呼吸をしましょう。
 深呼吸をすると心が落ち着き、酸素が体に沢山入ってきて疲労回復にも役立ちます。
 呼吸は自律神経にも働きます。深呼吸するとリラックスできる副交感神経に働き、心が落ち着きます。ヨガや禅、武道や習い事等で呼吸法を重要視するには理由が有る訳です。
 また、健康を考えると、癌細胞は酸素の少ない所にできやすい、とも言われています。深呼吸をして体内に沢山の酸素を取り入れることはガンの予防にも良いようです。
 体に酸素が足りないと疲労物質の乳酸が分解されないので疲れがなかなか取れません。疲れた時は深呼吸しましょう。

カテゴリー: 日記 | 深呼吸をしましょう! はコメントを受け付けていません。

温熱療法で免疫UP癌の予防にいいかな

3人に1人はガンで死ぬ時代だそうだ
ガンになる人とならない人の違いは何なんだろうか?
がんは毎日人の体の中でできてるそうだ
でも免疫細胞は癌が大きくなる前に攻撃して処理してくれてるから
皆が皆、癌になるわけでも無い、ならない人もいる
抗酸化食品とかも大事なようだが
とにかく免疫力を上げてガンに備えたいものだ
体温を上げると免疫力が上がるらしい
体温を2℃位上がると細胞の中に熱ショックタンパク質ができて
ガンの予防にも良いそうだ
体を暖めるマイルド加温の温熱療法が注目されているようだ
家庭でできる方法としてはお風呂とか遠赤外線サウナとかね
運動をするのも良い方法の様ですね
とにかく体温を上げて免疫力を上げたいものですね

カテゴリー: 予防 | 温熱療法で免疫UP癌の予防にいいかな はコメントを受け付けていません。

日光、紫外線、ビタミンD不足でがんのリスクが高まるそうだ

先日NHKスペシャルを見ていたら日光不足でもがんのリスクが高まるそうだ
日光不足になると紫外線不足でビタミンDが皮膚でできないので
ビタミンD不足ががんのリスクを高めるようだ
ビタミンDと言えばカルシウムの吸収を助けるビタミンとして有名だが
癌とも関係していたとはびっくりした
都会暮らしだとお日様にあたる時間も自然と少なくなてしまう
特に冬が日光、紫外線、ビタミンD不足になりやすい季節だ
ビタミンDはたしか干しシイタケやしらす干し等に入っていた
マルチビタミン等のサプリメントでも補える
お日様の恵みは偉大だな
でも紫外線にあたりすぎると皮膚がんの原因にもなるので
一日30分位が適当だろうか
冬は特にガンにかからないためにも日光浴をしたい

カテゴリー: 予防 | 日光、紫外線、ビタミンD不足でがんのリスクが高まるそうだ はコメントを受け付けていません。

夜勤でがんのリスクが高まるそうだ

NHKスペシャルを見ていたら夜勤でがんのリスクが高まるそうだ
女性では乳がん、男性では前立腺がん
脳内ホルモンのメラトニンと関係しているらしい
夜に起きているとメラトニンができないので良くないらしい
夜勤で働く看護士さんに乳がんが多いそうだ
やはり夜寝ないのは体に良くないだろうな
22時から2時位の間に寝ると成長ホルモンがでて体の再生ができると聞いたことがある
昔、3年間位夜勤をしたことがある
癌にはならなかったが血圧が上がって昼間もボーとしていた
昼間に寝ても電話が鳴ったり物音で直ぐに目が覚めてしまう
要するに昼間は布団に入っても熟睡できない
ガンにかからないためにもできるだけ夜に寝よう

カテゴリー: がん | 夜勤でがんのリスクが高まるそうだ はコメントを受け付けていません。

家内が健康診断で肺癌の疑い再検査となった

家内が健康診断で肺癌の疑いがあると言われ再検査となった
56歳まだまだ人生これからだ
再検査は市の指定の健康診断をした医院で紹介状を書いてもらい
私立病院へ行くそうだ
私立病院は週2日午前中しかやっていないらしい
仕事の都合来週行くと言っていた
早く行きたい気持ちもあるし結果を聞くのも怖い気もするし
でもやはり早くしなければならない
それまではとにかく免疫力を高める努力をしなければならないだろう
悪性でない事を祈るばかりだ

カテゴリー: 日記 | 家内が健康診断で肺癌の疑い再検査となった はコメントを受け付けていません。

カロリー制限で長寿遺伝子ON 免疫力UP

カロリー制限をすると長寿遺伝子(サーチュイン)がONになって長寿になれると話題となっています。
長寿遺伝子がONになると連鎖的に免疫を司る遺伝子もONになって長寿にを手に入れるだけでなく健康も増進されるそうです。
カロリー制限すると長寿遺伝子に巻き付いて遺伝子を保護しているタンパク質(ヒストン)が、補酵素(NAD)の働きが強化されて解き放たれ、長寿を司る遺伝子がONになって健康を司る遺伝子にも働きかけようです。
これをガンの闘病に活用すべきです。
もしメタボであるならば食事のカロリー制限が癌闘病の大きな力となります。
食事のカロリー制限は普段の30%位を目安に少なくして7週間以上は続けます。
脂肪分や甘い物等を控えて野菜を多めにしてお腹を脹らませれば苦になりません。
また、カロリー制限をすると体温が下がり気味となりますので、温熱療法を取り入れるのも良い方法です。

カテゴリー: 日記 | カロリー制限で長寿遺伝子ON 免疫力UP はコメントを受け付けていません。

がん治療 抗癌剤は夜が効果的? 時間治療

 NHKのクローズアップ現代を見ていたら時間遺伝子を応用したがんの時間治療の放送をしていた。

 時計遺伝子とは体内時計の如く時間を刻んで昼と夜とで細胞の働きをコントロールしている遺伝子の事である。正常細胞は昼に細胞分裂が活発となり逆に癌細胞は夜に細胞分裂がより活発になる特性が有る。また、免疫細胞は夜に活発に働くようになっているそうだ。この時間差を利用して夜に抗癌剤を投与すれば一層効果的。

 また、肝臓が抗癌剤を解毒する力は時計遺伝子によって夜に活発になるようになっている。夜に抗癌剤を投与すれば肝臓の解毒の働きが活発になって抗癌剤の副作用を軽減できるそうである。副作用が抑えられれば抗癌剤を多めに投与して治療効果を出しやすくなるようだ。

 がんの時間治療は日本では治療をしている病院は1つの病院だけでこれからの療法である。
 

カテゴリー: その他 | コメントする

全身マイルド加温 温熱療法で癌予防

マイルド加温の温熱療法なら自宅で自然治癒力をUPできる!

 汗が出るくらいに加温して体温を上げるとヒートショックプロテインが細胞の中にできて免疫力も高まるとマイルド加温の温熱療法が話題を呼んでいる。

 病院のハイパーサーミアの温熱療法は42℃位に加温する方法で、自宅ではできないがマイルド加温の温熱療法なら自宅のサウナでもできる。癌の予防やガンの治療後の再発・転移の予防は自分でしなければならないので家でできる方法が有難い。

 温熱療法といえば体を温めて血流が良くなって痛みや凝りが緩和したり経験的には自然治癒力が向上すると分っていたが、理論的にヒートショックプロテインができて免疫力もUPすると最近分ってきた。

 マイルド加温は汗が出るくらいにできるだけ高く体温を上げ直ぐに体を冷やさないで保温すると遺伝子(DNA)の産物としてヒートショックプロテインが細胞の中にでき2日後をピークに4~5日位良い状態が続くそうだ。

 家庭用の遠赤外線サウナなら20分くらい入って温まり30分くらい体を冷やさないで保温すれば免疫力もUPした状態になるので週に2回くらいマイルド加温すれば良いだろうか。
 
 しかし、マイルド加温の温熱療法は体が温熱になれてしまうので1ヶ月に1週間はお休みすると良いようだ。

カテゴリー: 熱ショックタンパク質 | タグ: | コメントする

ガンのハイパーサーミア(温熱療法)は安全で効果的

ガンのハイパーサーミアの治療効果は副作用も無く安全でガンの治療効果があります。

 がんの温熱療法ハイパーサーミアは脳と目以外の癌に対して治療できます。特に抗癌剤や放射線治療と併用して治療をおこなった場合に治療効果が高まります。

 局所ハイパーサーミアはラジオ波やマイクロ波で癌組織の周辺を42~43℃程度に加温して癌細胞が熱に弱い性質を利用して行う治療ですから皮膚表面に近い癌ほど効果的です。

 また、ハイパーサーミアの効果は癌細胞を直接壊死させる効果だけでなくハイパーサーミアの治療によって体温が上がる事によって体の中に熱ショッタンパク質ができて免疫力を向上して癌に立ち向う力が引き上げられます。

 ハイパーサーミアの効果は癌細胞に熱耐性ができて癌細胞が熱に強くなってしまいますので毎日は行えません。熱耐性が無くなる期間をみて週に1、2回のペースで治療を行うと効果的です。

 家庭ではハイパーサーミアのようにガン細胞を43℃の高温にできるのは皮膚表面のガンに限定されますが、自宅でできる全身マイルド加温温熱療法は全身の免疫力を引き上げることができガンの再発や転移の予防にも効果的です。

カテゴリー: ハイパーサーミア | コメントする

ハイパーサーミアとは ガンは熱に弱い

ハイパーサーミアとは病院での癌に対する温熱療法による治療法です。

 癌細胞は熱に弱いと言われ42℃に体を加温すると、ガン組織は熱がこもりやすく正常細胞よりも高温となり死滅すると言われています。

 ハイパーサーミアには局所ハイパーサーミアと全身ハイパーサーミアが有りますが一般的には局所ハイパーサーミアが主流です。しかし、局所ハイパーサーミアでは全身の転移ガンに対しては効果が薄いようです。

 局所ハイパーサーミアはラジオ波やマイクロ波を利用してガン腫瘍のある部分を42℃にまで上げます。正常細胞は血流で温度が下がるので火傷することはありません。
 
 ハイパーサーミアは病院での温熱療法の治療方法ですが、自宅でできる方法としてはマイルド加温・温熱療法が注目を集めています。

カテゴリー: ハイパーサーミア | コメントする

ヒートショックプロテインは凄いらしい

 ヒートショックプロテインは免疫力を高めて癌を予防したり凄いらしい。我が家には家庭用のサウナがあるので熱心にサウナに入ってヒートショックプロテインを高めておけば健康管理に最適だ。
 ヒートショックプロテインは体が熱ストレスを受けると遺伝子産物としてできるらしい。カロリー制限をすると長寿遺伝子がONになると最近話題になっているが、サウナに入るとヒートショックプロテイン遺伝子がONになってヒートショックプロテインができるということなのだろうか?
 ヒートショックプロテインは老化の予防にも有効と聞くが、長寿遺伝子と何か関係が有るのだろうか? 長寿遺伝子はカロリー制限の飢餓ストレスでONになり、ヒートショックプロテインは熱ストレスでONになる、何か似ているようだ。

カテゴリー: 日記 | ヒートショックプロテインは凄いらしい はコメントを受け付けていません。

熱ショックタンパク質で免疫強化 癌の予防にも良い

 熱ショックタンパク質は癌と闘うナチュラルキラー(NK)細胞を強化して免疫力をUPして癌の転移や予防、あらゆる感染症の予防に役立ちます。
 
 熱ショックタンパク質は風邪をひいて熱が出たときに体の中に増えますが、サウナやお風呂で体温を上げても増えます。熱ショックタンパク質は加温で筋肉や臓器・・・あらゆる細胞の中で増えて細胞の機能を強化しますが、癌と闘うナチュラルキラー(NK)細胞や白血球の中でも増えて免疫力を高めます。

 熱ショックタンパク質は発熱した位に体温を上げると2日後をピークに1~4日後に増加し7日後には元に戻るそうです。

 免疫を強化する為の熱ショックタンパク質の増やし方は遠赤外線サウナやお風呂で汗が出るくらいに体温を上げて10~30分位温まり(無理をしない程度に)直ぐに冷やさないで2、30分間タオル等巻いて保温すると良いようです。無理なく体温を上げる為には遠赤外線サウナは理想的です。

 病院の治療と平行して自宅で熱ショックタンパク質を増やして免疫力を上げる事ができれば癌の補助療法としてかなり役立つのではないでしょうか

カテゴリー: 熱ショックタンパク質 | タグ: | コメントする

自宅にサウナがあると疲れも取れる

 今日は久々に寒の戻りで寒かった。数日前は春が来たかと思うくらいの温かさだったが温度差が激しすぎて体を壊している人も多いようだ。
 我が家には遠赤外線の自宅用のサウナが有るので寒い日には自宅のサウナで暖まると体の疲れも取れる。
 昨年、ためしてガッテンを見ていたら体を温めると熱ショックタンパク質ができて健康になれるとやっていた。自宅のサウナで体を温めればきっと熱ショックタンパク質ができて健康増進に役立っているのだろう。
 家内も自宅のサウナが好きで毎日のようにテレビを見ながら入っている。家内は腰痛持ちで自宅のサウナに入ると少し楽になるようだ。美容やダイエットにも良いと言って低温で毎日のように入ってサウナの中でいつも寝ているが少し入りすぎではないか? 健康になればまあいいか
体温を上げると癌の予防にも良いらしいしね

カテゴリー: 日記 | 自宅にサウナがあると疲れも取れる はコメントを受け付けていません。

温熱療法とは? 血流や免疫UPで健康効果

 温熱療法は血流を良くしたり免疫力を高めたりと、癌の治療や民間療法で広く活用されています。
 病院のガン治療に応用される温熱療法は民間療法と区別してハイパーサーミアと呼ばれています。

 民間療法としての温熱療法は部分(局所)的に温める温灸や温湿布、全身を温める遠赤外線サウナ等に分かれます。
 温熱療法は体を温めると血管が拡張して血流が良くなるので痛みの緩和や疲労の回復に役立ちます。休日になると健康ランドが賑わうのは体を温めると楽になったりリラックスしてストレス解消になるからです。

 また、風邪をひくと熱が出て免疫力が高まると言われていますが、外から熱を加えて体温を上げても免疫力は向上します。最近、体温を上げると熱ショックタンパク質ができて免疫力が上がると話題を呼んでいますが、温熱療法は自然治癒力を高める方法です。

カテゴリー: 温熱療法 | コメントする

ヒートショックプロテインは癌の予防や転移、再発の予防にも役立

 ヒートショックプロテインは免疫力をUPして癌の予防や転移、再発の予防にも役立つようです。

 風邪をひいた時に発熱して免疫力も上がると言われていますが、風邪で発熱している時には同時に細胞の中ではヒートショックプロテインも増えているそうです。風邪で熱が出るのは辛いですが、サウナやお風呂で体を温めて体温を上げるとことによってもヒートショックプロテインは体の細胞の中に増えます。

 ヒートショックプロテイン(Heat Shock Protein)はHSP・熱ショックタンパク質とも呼ばれ注目を集めています。ヒートショックプロテインは熱ストレスよって細胞内にできる遺伝子(DNA)産物で、壊れかけたたんぱく質を修正してくれる修理屋さんの様な働きをしているそうです。ヒートショックプロテインは免疫細胞の白血球を活性化して免疫力を高める働きがあります。

 癌の予防や転移再発の予防の為には免疫力、自然治癒力を高めておかなければなりません。そのためには体を加温してヒートショックプロテインを体の中の細胞に増やしておくのは自分でできる有効な方法です。

カテゴリー: 熱ショックタンパク質 | コメントする

健康の基本と癌の予防

癌の治療は病院でするが予防は自分でしなければならない

様々な健康法があるが基本的には何であろうか?

私が思うには

1、バランスの取れた食生活
2、適度な運動
3、規則正しい生活
4、感謝する心

こんな事ではないだろうか

 野菜を多く食べ、良く噛んで、腹7分目、適度に体を動かして、早寝早起き、そして前向きな心で生活すれば体温も上がって、免疫力も上がり ガン の予防になるだろう

勿論、がん になってしまったとしても先ずは健康の基本を見直して治療に向かえば良いはずだ。

カテゴリー: その他 | コメントする

フィトケミカルと癌の予防 野菜を沢山食べましょう

最近、第7の栄養素としてフィトケミカルが注目を集めています。

フィトケミカルは野菜の色や香り苦味等の成分で様々な種類が有ります

特に注目されるのはその抗酸化作用です。

体の中では常に活性酸素ができて発ガンや老化の原因になっています。

体の中では抗酸化酵素が働いていますがフトケミカルはその働きを補う物です。

フィトケミカルは野菜に含まれていますので

色々な種類の野菜を沢山食べることは癌の予防や治療の助けになるでしょう。
できる限り季節の旬の野菜を取るようにしたいものです。

特に冬は体を冷やさない為にハウス物の野菜は少なめにしましょう。

カテゴリー: 食物 | コメントする