アトピーの原因はお腹の冷え?

アトピーの原因はお腹の冷え?

アトピーの原因や増悪因子 
 アトピーの原因や増悪因子は卵や牛乳、ダニ、ペットの毛、花粉、大気汚染、有害化学物質、真菌類の感染等と色々分っていますが、根本原因は医学的には未だ解明されていません。アトピーになると皮膚がダメージを受けて細菌の感染等に弱くなってしまうことから、皮膚を清潔に保つ為にも入浴が重要です。また、入浴後肌が乾燥するとかゆみが増しますので自分の肌にあった保湿用のクリーム等も必要です。

アトピーの原因はお腹の冷え?
 アトピーの原因説の1つとしてタンパク質の未分解アレルゲン説が有ります。通常アレルギーをひきおこす原因物質はアレルゲンと言われますが、同じ物を食べても反応が出る人と出ない人がいるわけです。通常タンパク質は胃腸でペプチドからアミノ酸へと分解して腸から血液中に取り込まれますが、アトピーの方の胃腸は皮膚と同様に弱い方が多い様で、冷えて荒れた腸から未分解のタンパク質やペプチドが血液中に入りアレルゲンとなってアレルギーを引き起こすと言うものです。

お腹を温めて胃腸を強化 
 胃腸が弱い原因の一つとしては冷えた食品の飲食が上げられます。冷たいジュースや冷えたデザート、アイスクリーム等お腹を冷やす食品で溢れている現代です。胃腸が冷えると胃腸の血流が悪くなって胃腸の元気がなくなります。また、腸内細菌のバランスも崩れ様々な悪影響が有ります。胃腸を強化するにはお腹を良く温めて胃腸の血流を良くする事が大切です。下痢や便秘を良くされる方は要注意です。お腹を温めると同時に野菜を沢山食べて食物繊維も十分とりましょう。
 全身とお腹も温める全身 温熱療法は効果的と言えます。

↑ ページトップへ