アトピーの味方は良い汗

アトピーの味方は良い汗

良い汗 悪い汗-アトピーの味方は良い汗
 汗をかくと痒みが出る事からアトピーには大敵のように思われていますが、汗には良い汗と悪い汗が有ります。悪い汗は普段あまりかく習慣のない人が急に大量にかいた時に汗の中に塩分がたくさん出てべとつき乾いた時に更に痒くなります。
 良い汗は普段から汗をかく習慣のある人から出るもので体全体から少しずつ出て蒸発しやすい汗です。良い汗の塩分は汗腺で再吸収されますので意外とさらりとしてべとつかないものです。アトピーの方は汗が出にくい方が多いよいです。良い汗が出るようにスポーツや温熱療法(風呂や遠赤外線の家庭用サウナ等)で普段から発汗する習慣が必要です。汗が良く出るようになるということは皮膚の血流が良く代謝が良い証でも有ります。

汗の中に細菌の感染から守る免疫物質が
 また、汗の中には免疫物質のIgA(免疫グロブリンA)が含まれていて皮膚を病原菌などから守る大切な役割を果しています。アトピー肌は細菌等に負けやすい肌でも有ります。良い汗をかく習慣をつけて細菌等から皮膚を守る必要が有ります。

有害物質を排泄
 また、有害化学物質の排泄には汗が有効と言われています。有害重金属の水銀やカドニウム等が体内に蓄積すると自律神経のバランスを崩し副交感神経優位となりリンパ球の働きを更に強めアトピーを悪化するとの説も有ります。最近デットクスが話題になっていますが悪いものは汗でどんどん出すべきです。

 自宅でできる温熱療法として遠赤外線の家庭用サウナ等は岩盤浴と同様デトックス効果が高いと言われています。

↑ ページトップへ